院風景

診察用のベッドです。

院長こだわりのパネル。

駐車場あり。もちろんバリアフリー。 車椅子の入れるトイレ、ベビーキープ おむつの交換台も備えています。

設備紹介

PCR検査装置ID NOW

新型コロナウイルスのPCR検査装置ID NOWが入りました。検体を取ってから約15分で結果が出ます。発熱などの症状がある方は健康保険がきき、検査費用の2万円部分の負担は国が負担します。海外渡航前などの無症状の方の自費検査は17000円で、結果証明書は3000円です。(厚生労働省のフォームには英語は併記されています)
詳しくはコチラ

炭酸ガスレーザー(OtoLAM)

主に中耳炎の鼓膜切開の治療に使用します。以前のメスで切る鼓膜切開よりも、より短時間(0.1秒以内)で出来、痛みも少ないです。
最新のフレキシブルアームのため、可動性が良好で、手術の精度をより上げて行うことが出来ます。
動画では、約3週間の急性中耳炎の変化が見られます。

赤外線眼振検査モニター装置

めまいの時に眼振(がんしん)といって、眼球が規則的に動く時があります。
眼振が出ていないかをモニターに映して観察します。

喉頭ファイバー

聴力検査機器

聴こえの検査、鼓膜の張り具合の検査、顔面神経麻痺の部位診断等に使用します。

ファイリングシステム

外耳道や鼓膜の状態、鼻の中の状態等をモニターに映し出して診断いたします。

レントゲン装置

蓄膿症の診断などに使用します。

レントゲン装置

蓄膿症の診断などに使用します。

アルゴンプラズマ凝固装置

噴出するアルゴンガスに電流を流すことでプラズマビームを放出します。強い止血効果を有しています。アレルギー性鼻炎の鼻閉をよくするための手術に用います。